こんごうふぐ29

アクセスカウンタ

zoom RSS 読書「神様のカルテ3」 と 王将で ごはん

<<   作成日時 : 2013/01/13 20:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


今日も本を1冊読みました。
昨年、映画化された 「神様のカルテ」の3です。

そうそう、2014年に「神様のカルテ2」が公開されるそうです。

信州の病院で働く内科医と、彼をとりまく人々の話です。
情景豊かに描かれているので、なんとなく景色まで想像できてしまいます。
とても表現力が豊かで魅力的な人たちがたくさん出てきます。

いわゆる医療ものではなく、「人とヒト」のあったかさがとてもよく
描かれています。
読んだあとでほっこりとした気持ちになりました。
(1 も2 もそんな気持ちになりましたが、3も期待を裏切らなかったです)

彼の勤務する病院「新庄病院」にはモデルがあり、「相澤病院」という、
松本駅から10分ほどのところにある病院だそうです。


映画 神様のカルテ2 公式サイト → http://www.kamisamanokarute-movie.jp/
本の紹介サイト → http://www.shogakukan.co.jp/karte/

本の内容(Amazonより)-------------------------------------------
医者にとって大事なことは、続けることだ。

栗原一止は、信州にある「24時間365日対応」の本庄病院で働く内科医で
ある。医師不足による激務で忙殺される日々は、妻・ハルの支えなくしては
成り立たない。昨年度末、信濃大学医局からの誘いを断り、本庄病院残留を
決めた一止だったが、初夏には恩師である古狐先生をガンで失ってしまう。
落ち込んでいても患者の数が減るわけではない。夏、新しい内科医として
本庄病院にやってきた小幡先生は、内科部長である板垣(大狸)先生の
元教え子であり、経験も腕も確かで研究熱心。一止も学ぶべき点の多い医師だ。
しかし彼女は治ろうとする意思を持たない患者については、急患であっても
受診しないのだった。抗議する一止に、小幡先生は「あの板垣先生が
一目置いているっていうから、どんな人かって楽しみにしてたけど、
ちょっとフットワークが軽くて、ちょっと内視鏡がうまいだけの、どこにでもいる
偽善者タイプの医者じゃない」と言い放つ。彼女の覚悟を知った一止は、
自分の医師としてのスキルに疑問を持ち始める。そして、より良い医者
となるために、本庄病院を離れる決意をするのだった。
-------------------------------------------------------------

画像


夜は、用事もあったのでそのついでに王将でごはんを食べてきました。
ミニ天津飯(塩ダレ。これが超美味しい)、ミニチャーハン、スープ、王将ラーメン、
餃子で合計1250円もしなかったです/2人で。
あ、写真はミニ天津飯が来る前だったので、写っていません。ミニとは思えない
ボリュームです。

おなかいっぱいになりました(^。^)



神様のカルテ 2
小学館
夏川 草介

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 神様のカルテ 2 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

神様のカルテ 3
小学館
夏川 草介

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 神様のカルテ 3 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

神様のカルテ
小学館
夏川 草介

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 神様のカルテ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
読書「神様のカルテ3」 と 王将で ごはん こんごうふぐ29/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる